桜花賞 出走候補馬をリストアップ

2012年4月8日、阪神競馬場の芝1,600mで桜花賞が開催される訳ですが、今年はどの馬が出走するのか、そろそろ気になり始めてくるのでは、と思います。

ここで、現段階で出走する可能性の高い馬を挙げていってみましょう。
まずは2歳牝馬チャンピオン、ジョワドヴィーヴル。史上初めて2戦目でGIタイトルを奪取。
あのブエナビスタの半妹で、まだまだ成長過程との事。
桜花賞だけでなく、牡馬相手にどこまでの競馬を見る事が出来るのか、早くも期待してしまいます。
次にジョワドヴィーヴルには敗れましたが、ジュべナイルフィリーズ2着、ファンタジーステークス勝利馬のアイムユアーズ。
休み明けでどこまで成長してくるのか、ステップレースが楽しみです。
シンザン記念を制したジェンティルドンナからも目が離せません。

シンザン記念では牡馬を一蹴。豪快な勝ちっぷりでした。
桜花賞へ向けて、もう1戦するであろうローテンションですので、もう1度あの力強さを本番前に拝んでおきたいところです。
フェアリーステークスを制したトーセンベニザクラは、ダイワメジャーの初年度産駒。
一発の破壊力を秘めた脚を持っており、ダイワメジャー産駒初のGIタイトルを手にする事が出来るのか。

クイーンカップを制したヴィルシーナは馬主にも劣らない強さを見せてくれました。
クイーンカップでは先行しながらも上がり3Fのタイムが33.6秒と、長く良い脚が使えそうです。
オークスを目標としていた様ですが、充分桜花賞も狙えると思える充分な内容でした。

ジュべナイルフィリーズ1番人気のサウンドオブハートも忘れてはいけません。
当レースでは3着に敗れましたが、年明けのオープン戦、紅梅ステークスを制し、重賞勝ちは無くともオープン戦2勝と、巻き返しは充分可能ではないでしょうか。

そして最後にエルフィンステークスを制したサンシャイン。
去年の桜花賞馬、マルセリーナはエルフィンステークス勝利後に桜花賞へ直行、勝利しており、候補から外す訳にはいきません。

現状、上記の7頭を挙げましたが、まだまだステップレースもありますので、新たな候補が誕生すると思いますが、各馬が桜花賞へ怪我無く無事出走出来る様に、影ながら応援する所存です。
桜花賞予想の際に上記情報をお役立て下さい。

高松宮記念 中京競馬場 JRA GI

2012年、フェブラリーステークスに続くGIレース、高松宮記念が
近付いてきましたが、いよいよここからクラシック3冠など、春の
GIレースが続々と始まる訳ですが、今回、高松宮記念がGIレース
となって初めて制した、フラワーパーク号を思い出してみようと思
います。

フラワーパークは1992年に産まれ、1994年デビューを予定しまし
たが、2度の骨折により、現在の馬齢で表記すると、3歳秋とかなり
遅い時期にデビューする事となってしまいました。
その為か、デビュー戦は良いところを見せる事無く10着に敗れてし
まいますが、中1週で臨んだ2戦目で、無事勝利を収めます。そし
て続く500万下、900万下の条件戦を連勝、1,500万下の条件戦で1
度は3着と敗れますが、次走で勝利し、見事オープン入りを果たす
事となりました。
オープン戦初戦は、0.2秒差の2着に敗れてしまいますが、重賞初挑
戦となったシルクロードステークス(GⅢ)に見事勝利。GIレースとな
った初めての高松宮記念へ向けて賞金を加算し、出走権を得る事が
出来ました。
そしていよいよ本番の高松宮記念では、3番人気の支持を得て、2番
手で追走すると、4コーナーで先頭に立ち、牡馬を抑えて見事勝利。
GIホースの仲間入りを果たしました。
この年の秋、スプリンターズステークスにも勝利し、最優秀短距離
馬の称号をも得る事となったのですが、2度の骨折にも耐え、デビュ
ー出来た事が、まず奇跡に近いと言っていいでしょう。当時は今程
医療は発達していなかったでしょうし、フラワーパークを管理して
いた関係者にとって、忘れられない1頭になった事と思います。

競馬には色々なドラマがありますが、高松宮記念を語る上で、欠か
せない1頭を、皆さんの記憶にも是非留めて頂けると嬉しいです。

JRAダートGIレース フェブラリーステークス

いよいよ2月に入り、各所で寒さが猛威を振るう中、月名の通り、フェブラリーステークスの時期がやってきました。

さて今年はどの馬が出走するのか、楽しみですね。
スマートファルコンは川崎記念に出走した為、フェブラリーステークスには出走しないと思いますが、
言わずもがなJRAの最優秀ダートホース、フェブラリーステークス連覇のかかるトランセンド、
2年前のフェブラリーステークスを制したエスポワールシチー、
東京大賞典ではスマートファルコンと鼻差の激闘を演じたワンダーアキュートあたりが有力ですね。
それから前哨戦組をあげると、根岸ステークスを制したシルクフォーチュン、
3着に敗れたものの、2年前のフェブラリーステークスでエスポワールシチーの2着となったテスタマッタ、
同じく5着と敗れましたが、去年の南部杯でトランセンドと同タイムの2着となったダノンカモン、
平安ステークスでエスポワールシチーを下して勝ち馬となったヒラボクキング、地方所属馬では、
去年のフェブラリーステークスで2着となったフリオーソ(スマートファルコン同様、川崎記念に出走している為、フェブラリーステークスへの出走は無いかもしれません)、
ここまでが登録馬に名を連ねるであろう、ラインナップです。

どの馬が勝利し、ドバイワールドカップへの切符を手にして旅立つのか、フェブラリーステークスに注目したいと思います。

皆さん、府中で熱くなりましょう!!

そしてフェブラリーステークスの予想を当てましょう。

競馬反省

競馬反省では、基本的に時間がある限り、私の予想を公開していくつもりです。

ただ、気まぐれなところがあるので、気が向いたら予想を書くと思います。

その予想に対しての反省をこのブログできっちりとしていきたいと思います。

自分の予想の何がいけなかったのかを反省していく事で、次に予想する時に当たるようにしていくのが目的です。

このブログを見ている人からの私の予想や、競馬に対する考えもコメントを頂ければと思います。