アーカイブ | Uncategorized RSS for this section

初GIタイトル奪取なるか  6月24日 宝塚記念(GI) JRA

今回は、悲願のGIタイトルを目指す1頭、ウインバリアシオンを紹介していこうと思います。

ウインバリアシオンはハーツクライ産駒で、2010年8月の新馬戦でデビューすると、2着に3馬身差をつけて快勝。

デビュー勝ち上がりとなりました。翌月にはオープン戦の野路菊ステークスに出走し、ここでも2着に2 1/2馬身差をつけ、2連勝。

早くもクラシックを意識させる内容で勝ち進みます。

休養後、クラシックの登竜門であるラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GⅢ)に臨み、ここでは休み明けの影響か、4着に敗れ、2歳でのレースを終える事となりました。

3歳を迎え、まずはきららぎ賞(GⅢ)へ。

中団からレースを進めるも、前の馬のペースが落ちず、ここでも4着と敗れ、皐月賞(GI)トライアルの弥生賞(GⅡ)では、大混戦となるも7着に敗れ、ダービー(GI)へと照準を切り替えます。

そして迎えた青葉賞(GⅡ)、近走での結果から、6番人気となりますが、レースでは終始後方に待機。

直線を向くと、抜群の手応えで進出。

上がり最速の3F33.6秒で駆け抜け、通算3勝目を重賞制覇というかたちで挙げる事となりました。

そして競馬関係者が夢見るダービーへと駒を進めると、不良馬場ながら15番手で皐月賞馬オルフェーヴルを追走。

直線を向き、やはり今回もメンバー最速の上がりを見せるものの、オルフェーヴルに1 3/4馬身届かず、無念の2着となりました。

この後休養に入り、菊花賞(GI)トライアルの神戸新聞杯(GⅡ)へ。

オルフェーヴルとのリベンジマッチとなりましたが、ダービーよりも差の開いた2 1/2馬身差の2着。

そして残る1冠の菊花賞でも、2 1/2馬身離された2着となり、オルフェーヴルの3冠達成を見る事となりました。

休養せずに向かったジャパンカップ(GI)では、今までの経験から、捲り気味で直線を向くも、その反動もあってか古馬に完敗。

5着となって3歳でのレースを終えます。

年が明けて4歳を迎え、京都記念(GⅡ)から始動し、後方待機策でレースに挑みますが、1年先輩の馬達の前に6着と完敗。

翌月の日経賞(GⅡ)では、ネコパンチの大逃げに遭うものの、何とか2着を確保し、菊花賞以来の連対を果たします。

そして迎えた天皇賞(春)。

ここでも逃げを打ったビートブラックが破格のタイムを叩きだし、3着を抑えるのが精一杯の結果となりました。

ここ2戦では逃げ馬の作る展開にはまってしまいましたが、馬券内は確保しており、やはり実力が上位な事には変わりありません。

宝塚記念で悲願のGIタイトルを奪取するのか、期待してウインバリアシオンを応援しようと思います。

JRA 日本ダービー(GI) 2012/5/27

いよいよ日本ダービーを迎えるにあたり、過去に日本ダービーを制した内の1頭、タニノギムレットにスポットを当ててみようと思います。

タニノギムレットは父親ブライアンズタイム、母親タニノクリスタルという血統で、2011年の8月に2歳でデビューします。
デビュー戦はダート1,000mに出走し、1番人気の支持を集めるも2着に敗れ、この後しばらく休養に入ります。

休み明けの12月、芝のレースへと転向し、1,600mの未勝利戦に出走。
久しぶりのレースにはなりましたが、なんと2着に7馬身もの差をつけて圧勝。

その名を轟かせる事になります。3歳となり、まずはシンザン記念(GⅢ)に出走すると、3番手から6番手にポジションを下げて直線を向くと、前走での圧巻の内容とまでは言えないものの、叩き合いの末に半馬身抑えてゴールイン。

重賞勝利を2連勝で飾ります。

続いて翌月のアーリントンカップ(GⅢ)に出走すると、初勝利を挙げた未勝利戦で見せた強さを発揮。

中団からレースを進め、6番手で直線に向くと、2着に3.5馬身差をつけて完勝。

重賞連勝を果たします。そして翌月の皐月賞トライアル、スプリングステークス(GⅡ)に出走。

後方からレースを進めると、一気の捲りで2着馬にクビ差競り勝ち、重賞3連勝。

意気揚々とGI戦線に乗り込みます。

迎えた皐月賞、当然の1番人気に支持され、ここでも後方待機策でレースを展開。

期待した様に、直線ではメンバー中最速の上がりで進出しますが、2頭をかわすまでには至らず、まさかの敗戦。

リベンジを果たすべく、ここで日本ダービーではなく、NHKマイルカップへと向かいます。

ここでも1番人気となり、前走同様に後方からレースを進めますが、皐月賞同様、ここでも2頭に先着を許し、再び敗戦を喫します。

休養も考えられる中で、陣営はダービーへの参戦を発表。

何とかGIタイトルをという期待をかけられ、タニノギムレットが春のGI3戦目に突入。

やはり後方からレースを展開し、東京の長い直線で勝負をかけると、出走メンバー最速の脚を繰り出し、やや前のポジションにいたシンボリクリスエスを1馬身かわしたところでゴールイン。

ついにタニノギムレットはGIタイトルを奪取するとともに、ダービー馬として競馬の歴史に名を刻む事となりました。

この後、タニノギムレットは屈腱炎を発症し、引退する事となりましたが、種牡馬としても、あの名牝、ウオッカを輩出した事でも知られ、父仔日本ダービー制覇を達成するとともに、史上初の父娘日本ダービー制覇を達成するなど、今尚その名を知らしめています。

今年も産駒のオールザットジャズが福島牝馬ステークス(GⅢ)を制し、ヴィクトリアマイルへ参戦するでしょう。

又、ミッドサマーフェアがフローラステークス(GⅡ)を制し、オークスでの活躍が期待されます。

日本ダービー馬、タニノギムレットを思い出しながら、今年も競馬の祭典日本ダービーを、酒の肴に楽しみたいと思います。