Archive | 6月 2012

初GIタイトル奪取なるか  6月24日 宝塚記念(GI) JRA

今回は、悲願のGIタイトルを目指す1頭、ウインバリアシオンを紹介していこうと思います。

ウインバリアシオンはハーツクライ産駒で、2010年8月の新馬戦でデビューすると、2着に3馬身差をつけて快勝。

デビュー勝ち上がりとなりました。翌月にはオープン戦の野路菊ステークスに出走し、ここでも2着に2 1/2馬身差をつけ、2連勝。

早くもクラシックを意識させる内容で勝ち進みます。

休養後、クラシックの登竜門であるラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GⅢ)に臨み、ここでは休み明けの影響か、4着に敗れ、2歳でのレースを終える事となりました。

3歳を迎え、まずはきららぎ賞(GⅢ)へ。

中団からレースを進めるも、前の馬のペースが落ちず、ここでも4着と敗れ、皐月賞(GI)トライアルの弥生賞(GⅡ)では、大混戦となるも7着に敗れ、ダービー(GI)へと照準を切り替えます。

そして迎えた青葉賞(GⅡ)、近走での結果から、6番人気となりますが、レースでは終始後方に待機。

直線を向くと、抜群の手応えで進出。

上がり最速の3F33.6秒で駆け抜け、通算3勝目を重賞制覇というかたちで挙げる事となりました。

そして競馬関係者が夢見るダービーへと駒を進めると、不良馬場ながら15番手で皐月賞馬オルフェーヴルを追走。

直線を向き、やはり今回もメンバー最速の上がりを見せるものの、オルフェーヴルに1 3/4馬身届かず、無念の2着となりました。

この後休養に入り、菊花賞(GI)トライアルの神戸新聞杯(GⅡ)へ。

オルフェーヴルとのリベンジマッチとなりましたが、ダービーよりも差の開いた2 1/2馬身差の2着。

そして残る1冠の菊花賞でも、2 1/2馬身離された2着となり、オルフェーヴルの3冠達成を見る事となりました。

休養せずに向かったジャパンカップ(GI)では、今までの経験から、捲り気味で直線を向くも、その反動もあってか古馬に完敗。

5着となって3歳でのレースを終えます。

年が明けて4歳を迎え、京都記念(GⅡ)から始動し、後方待機策でレースに挑みますが、1年先輩の馬達の前に6着と完敗。

翌月の日経賞(GⅡ)では、ネコパンチの大逃げに遭うものの、何とか2着を確保し、菊花賞以来の連対を果たします。

そして迎えた天皇賞(春)。

ここでも逃げを打ったビートブラックが破格のタイムを叩きだし、3着を抑えるのが精一杯の結果となりました。

ここ2戦では逃げ馬の作る展開にはまってしまいましたが、馬券内は確保しており、やはり実力が上位な事には変わりありません。

宝塚記念で悲願のGIタイトルを奪取するのか、期待してウインバリアシオンを応援しようと思います。

マイルチャンピオン決定戦 2012年 安田記念 JRA GI

6月1週目、いよいよ安田記念の開催となりますが、今年はどんな馬が出走するのでしょうか?

ステップレースの結果などをおさらいしてみようと思います。

京王杯スプリングカップ(GⅡ)
1着 サダムパテック
2着 レオプライム
3着 インプレスウィナー

ヴィクトリアマイル(GI)
1着 ホエールキャプチャ
2着 ドナウブルー
3着 マルセリーナ

メイステークス(OP)
1着 エーシンリターンズ
2着 ステラロッサ

読売マイラーズカップ(GⅡ)
1着 シルポート
2着 ダノンシャーク
3着 コスモセンサー

ダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ)
1着 ガルボ
2着 オセアニアボス
3着 ネオサクセス

NHKマイルカップ(GI)
1着 カレンブラックヒル
2着 アルフレード

上記には、去年のマイルチャンピオンシップ(GI)を制したエイシンアポロン、2着のフィフスペトル、去年の安田記念を制したリアルインパクト、2着のストロングリターンの名前が入っていない事からも、やはり例年通りの大混戦模様となっています。

果たして今年の安田記念はどの馬が制覇するのか、今年も3歳馬にさらわれてしまうのか、登録馬も含めて、予想が今から楽しみです。