JRA 日本ダービー(GI) 2012/5/27

いよいよ日本ダービーを迎えるにあたり、過去に日本ダービーを制した内の1頭、タニノギムレットにスポットを当ててみようと思います。

タニノギムレットは父親ブライアンズタイム、母親タニノクリスタルという血統で、2011年の8月に2歳でデビューします。
デビュー戦はダート1,000mに出走し、1番人気の支持を集めるも2着に敗れ、この後しばらく休養に入ります。

休み明けの12月、芝のレースへと転向し、1,600mの未勝利戦に出走。
久しぶりのレースにはなりましたが、なんと2着に7馬身もの差をつけて圧勝。

その名を轟かせる事になります。3歳となり、まずはシンザン記念(GⅢ)に出走すると、3番手から6番手にポジションを下げて直線を向くと、前走での圧巻の内容とまでは言えないものの、叩き合いの末に半馬身抑えてゴールイン。

重賞勝利を2連勝で飾ります。

続いて翌月のアーリントンカップ(GⅢ)に出走すると、初勝利を挙げた未勝利戦で見せた強さを発揮。

中団からレースを進め、6番手で直線に向くと、2着に3.5馬身差をつけて完勝。

重賞連勝を果たします。そして翌月の皐月賞トライアル、スプリングステークス(GⅡ)に出走。

後方からレースを進めると、一気の捲りで2着馬にクビ差競り勝ち、重賞3連勝。

意気揚々とGI戦線に乗り込みます。

迎えた皐月賞、当然の1番人気に支持され、ここでも後方待機策でレースを展開。

期待した様に、直線ではメンバー中最速の上がりで進出しますが、2頭をかわすまでには至らず、まさかの敗戦。

リベンジを果たすべく、ここで日本ダービーではなく、NHKマイルカップへと向かいます。

ここでも1番人気となり、前走同様に後方からレースを進めますが、皐月賞同様、ここでも2頭に先着を許し、再び敗戦を喫します。

休養も考えられる中で、陣営はダービーへの参戦を発表。

何とかGIタイトルをという期待をかけられ、タニノギムレットが春のGI3戦目に突入。

やはり後方からレースを展開し、東京の長い直線で勝負をかけると、出走メンバー最速の脚を繰り出し、やや前のポジションにいたシンボリクリスエスを1馬身かわしたところでゴールイン。

ついにタニノギムレットはGIタイトルを奪取するとともに、ダービー馬として競馬の歴史に名を刻む事となりました。

この後、タニノギムレットは屈腱炎を発症し、引退する事となりましたが、種牡馬としても、あの名牝、ウオッカを輩出した事でも知られ、父仔日本ダービー制覇を達成するとともに、史上初の父娘日本ダービー制覇を達成するなど、今尚その名を知らしめています。

今年も産駒のオールザットジャズが福島牝馬ステークス(GⅢ)を制し、ヴィクトリアマイルへ参戦するでしょう。

又、ミッドサマーフェアがフローラステークス(GⅡ)を制し、オークスでの活躍が期待されます。

日本ダービー馬、タニノギムレットを思い出しながら、今年も競馬の祭典日本ダービーを、酒の肴に楽しみたいと思います。
広告

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。